将来の暮らしに不安を抱えていませんか?

私たちは頼れる親族のいない方が安心して生活を送れるよう、日々の暮らしをサポートをする団体です。

現在高齢化が進んでおり、2025年には認知症患者が5人に1人になる、と言われています。

認知症を発症すると財産管理もままならず、自分が思い描いていた老後を送ることが困難になってきます。

また、最近ではお子様のいらっしゃらない方も増えてきており、いざという時に頼れる親族がおらず不安を抱えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

私たちはそんな悩みを抱えている方の相談を日頃から受けている福祉や相続の専門家である社会福祉士、看護師、弁護士、司法書士、税理士が集まり、ご利用者様のお悩みを多角的に解決したい、という思いから法人を設立し、「チーム」で支援を行える体制を整えました。

社名の「よるべ」は「頼りにして身を寄せるところ」という意味です。

ご利用者様が安心して頼れるような存在でいられるよう、真摯にサポートさせて頂きます。

PAGE TOP
MENU